つみ木の家

不動産会社で最適な賃貸物件を見つけよう|注目の住宅エコポイント

借金の免除制度

おもちゃの家

自己破産における任意売却

自己破産とは破産者が持っている財産を全て引き渡すことを条件に、抱えているすべての借金を免除してもらう方法です。自己破産は全ての債務者が無条件に利用できる制度ではなく、例えば「支払い不可能な状況において、特定の債権者にだけ返済を行うことを禁止」としているため、これを破ると自己破産はできなくなります。それを踏まえ、任意売却をしたら自己破産ができなくなるのではと考える人もいますが、任意売却はこれに該当しません。また、売却額がローンの残債務を超えて売れた場合は自己破産できないとの声もありますが、こちらも裁判所の見解では問題ないとしています。

自己破産前に売った方が得

自己破産をする中で任意売却をしても問題はありません。しかし、どうせマイホームは失うことになるし面倒だからいいやと思っている人もいるのが現状です。もちろん、わざわざ任意売却をする必要もないのですが、実は任意売却をした方がお得に自己破産ができるのです。自己破産手続きには「同時廃止」と「管財事件」に分けて処理されます。この時、マイホームなどの資産がある場合は管財事件として処理され、予納金が高額になります。最低でも20万円〜50万円ほどの予納金が必要ですので、この負担を考えると任意売却でマイホームを処分しておき、簡単で安くできる同時廃止手続きにしてしまうのがいいということになるのです。また、売れた金額から引越費用も捻出できるので任意売却をした方がなにかとメリットが多いでしょう。しかし、任意売却をする際は不動作会社に事前相談をしておいた方がいいです。

Copyright© 2016 不動産会社で最適な賃貸物件を見つけよう|注目の住宅エコポイント All Rights Reserved.