つみ木の家

不動産会社で最適な賃貸物件を見つけよう|注目の住宅エコポイント

専門業者に相談

マンション

住宅ローンの返済ができない場合は

住宅ローンの返済ができなくなった、もうこれ以上は返せるあてがない、そんな時に検討するのが自己破産です。自己破産は、マイホームを含む大口の財産と引き換えに抱えているすべての債務を免除してもらう制度です。債務者の救済制度ですのでメリットは多いですが、失うものも少なくはないのがネックです。そこでもしも抱えている債務が住宅ローンのみ、失いたくない財産があるという場合は任意売却をしたほうがいいでしょう。任意売却とは、抵当権に入っているマイホームを債権者の同意の上で売却して、売れた金額でローンの返済をするという制度です。仮にこれで完済できなくても大幅に債務を減らすことができるので後の返済がだいぶ楽になります。一概にどちらがいいとは言えないので債務額、財産、収入などを考慮して検討してみてください。また、不動産会社が相談にのってくれるところもあるので気軽に足を運んでみるといいでしょう。

自己破産前に任意売却を

自己破産を選択した場合でも、マイホームがある場合は事前に任意売却をしたほうがいいとされています。というのも、マイホームを持っている場合と持っていない場合では同じ自己破産でも扱いが異なり、マイホームを持ったまま破産をするほうが余計な費用が掛かってしまうためです。そこで、自己破産前に自宅を売却して処分してしまうことで、そこにかかる余計な費用負担を減らせるという目的があります。削減できる費用目安は20万円〜50万円ほどです。返済ができないために自己破産を考えている人にとっては大きな費用ですので、必ず自己破産前に任意売却をしてください。任意売却だけなら弁護士を介さずに、任意売却専門業者や不動産会社に相談してしまって構いません。

Copyright© 2016 不動産会社で最適な賃貸物件を見つけよう|注目の住宅エコポイント All Rights Reserved.